マーケット
3/27 15:15
19,389.43
+724.83
21,636.78
-915.39
本日のおすすめ銘柄 (3/27)
ゼンリン、NTTとの資本業務提携を発表
12:33
*12:33JST ゼンリン、NTTとの資本業務提携を発表 ゼンリン<9474> NTT<9432>との資本業務提携を発表。発行済み株式数の7.32%に当たる420万株分の自己株式を、NTTが第三者割当の方式で取得し、同社第3位の大株主となる。インフラ管理、Maas・自動運転分野、スマートシティの分野などにおける両社のビジネス拡大、「高度地理空間情報データベース」を共同で構築していく方針。
メニコン、新工場完成で生産ラインは3倍に拡大
11:30
*11:30JST メニコン、新工場完成で生産ラインは3倍に拡大 メニコン<7780>  本日10時頃に新工場完成についてのプレスリリースを発表。国内市場規模は2300億円ともいわれているコンタクトレンズ市場の中でも特に需要の大きい1日使い捨てレンズの生産拡大のため、2018年12月から同種製品の生産に対応している各務原工場(岐阜県各務原市)の増床に取り掛かり始めていたが、これが完成したとのこと。これにより、現在5つである生産ラインが最大15ラインまで増設できるようになったという。
トビラシステムズ、SMSフィルターの検知率99%と発表
11:30
*11:30JST トビラシステムズ、SMSフィルターの検知率99%と発表 トビラシステムズ<4441> モバイル向けの迷惑ショートメール(SMS)フィルターサービスが検知率99%の精度で詐欺の恐れがあるSMSをフィルタリング可能と発表している。同社は詐欺の可能性がある送信元や本文情報などを独自のアルゴリズムで抽出し、技術者による社内調査を経てデータベース化している。「マスクを配布する」などとして新型コロナウイルスの感染拡大に乗じたフィッシング詐欺も検知したという。
ヘリオス、25日線レベルの回復が視野に
8:58
*08:58JST ヘリオス、25日線レベルの回復が視野に ヘリオス<4593> 新型コロナウイルスによる急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対する体性幹細胞再生医薬品を用いた治験の実施を行っていることを発表。肺炎を原因としたARDS患者を対象とした有効性及び安全性を検討するフェーズ2試験を実施しており、組み入れは順調に進んでいるという。足元株価推移としては、23日安値をボトムに直近2営業日ではマドを空けて上昇。5日線も上向きに転じるなか、本日は25日線レベルの回復が視野に入ってくる。
ライフコーポレーション、外出自粛要請で特需への期待高まる
8:50
*08:50JST ライフコーポレーション、外出自粛要請で特需への期待高まる ライフコーポレーション<8194>  新型コロナウイルス感染拡大による「不要不急の外出」自粛要請で外食産業への打撃が懸念される一方、食品スーパーは短期的な特需が予想される。本社は首都圏と近畿圏に店舗を特化しており、都市封鎖への備えを急ぐ首都圏住民による買い出し需要を吸収することになりそうだ。
レッグス、自社株買いを発表
8:50
*08:50JST レッグス、自社株買いを発表 レッグス<4286>  昨日大引け後に自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせを発表。発行済株式総数1.89%に当たる20万株、2億8000万円を上限とした自社株買いを、3月27日~7月22日にわたって行うとしている。
<