マーケット
1/17 15:15
24,041.26
+108.13
29,348.10
+50.46
本日のおすすめ銘柄 (1/17)
三洋貿易、1対2の株式分割実施を発表
12:16
*12:16JST 三洋貿易、1対2の株式分割実施を発表 三洋貿易<3176> 前日に株式分割の実施を発表している。1月末を基準日として1株につき2株の割合での株式分割を実施、株式の流動性向上による投資家層の拡大を図ることを目的としている。
AGC、20年12月期は10%程度の増益見込み
11:39
*11:39JST AGC、20年12月期は10%程度の増益見込み AGC<5201> 2020年12月期の営業利益が約1200億円と前期推定に比べて1割強増える見込みだということが日経新聞によって報じられている。半導体チップの回路を微細化するための「EUV(極端紫外線)マスクブランクス」など電子部材事業が業績のけん引役となったようだ。前期に生産トラブルがあったガラス事業の採算も改善する見通しとのこと。こうした材料もあって、株価は前引け時点で前日比2.86%超高となっており、25日移動平均線上に回復してきている。PER(株価収益率)は同業である日本電気硝子<5214>の28倍に比べて21倍と相対的には割高感はない。また、PBR(株価純資産倍率)は0.8倍と節目の1倍水準を割っている。
ナガオカ、1対2の株式分割を発表
11:30
*11:30JST ナガオカ、1対2の株式分割を発表 ナガオカ<6239> 31日を基準日に1株につき2株の割合で分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることが目的。株式分割に伴い、定款を一部変更し、発効可能株式総数を700.4万株から1400.8万株に引き上げる。株式分割による流動性の高まりが期待される。
エーアイ、貸借銘柄に選定
8:58
*08:58JST エーアイ、貸借銘柄に選定 エーアイ<4388> 従来より東証マザーズの制度信用銘柄に選定されているが、新たに貸借銘柄に選定されたと発表している。選定日は本日17日で、本日売買分から実施される。同社は「株式の流動性及び需給関係の向上を促進し、売買の活性化と公正な価格形成に資する」とコメント。足元株価は三役好転の形状完成後も遅行線が株価との上方乖離幅を拡大しており、トレンドが継続しているもよう。
星和電機、陽の丸坊主、短期GC示現
8:50
*08:50JST 星和電機、陽の丸坊主、短期GC示現 星和電機<6748>  昨日は寄り付き安値から高値引けとなってローソク足は「陽の丸坊主」を形成。終値ではともに上向きの5日線と25日線が短期ゴールデンクロス(GC)を形成し、トレンドの上昇転換を示唆している。