マーケット
5/19 13:58
26,443.30
-467.90
31,490.07
-1,164.52
暗号資産
FISCO BTC Index
5/19 14:18:12
3,756,693
マーケット速報一覧
テリロジー---テリロジーサービスウェアがラスティックシステムとRPAツールEzAvaterの販売代理店契約を締結
5/19 14:13 FISCO
*14:13JST テリロジー---テリロジーサービスウェアがラスティックシステムとRPAツールEzAvaterの販売代理店契約を締結 テリロジー<3356>は18日、同社の連結子会社でICTサービス提供事業を行うテリロジーサービスウェアが、大阪・関西エリアを中心にRPAツールやAI-OCRの導
出来高変化率ランキング(13時台)~ペルセウス、新都HDなどがランクイン
5/19 14:11 FISCO
*14:11JST 出来高変化率ランキング(13時台)~ペルセウス、新都HDなどがランクイン ※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。 ■出来高変化率上位 [5月19日 13:48 現在] (直近
テリロジー---SecurityGate社と販売代理店契約を締結、OTセキュリティ分野のリスクマネージメント市場に参入
5/19 14:06 FISCO
*14:06JST テリロジー---SecurityGate社と販売代理店契約を締結、OTセキュリティ分野のリスクマネージメント市場に参入 テリロジー<3356>は18日、米国SecurityGate社と4月6日に国内販売代理店契約を締結したことを発表した。 同社はOT/ICS市場のマーケット
東京為替:ドル・円は高値圏、ドル売りは一服
5/19 14:05 FISCO
*14:05JST 東京為替:ドル・円は高値圏、ドル売りは一服 19日午後の東京市場でドル・円は128円80銭台と、高値圏でのもみ合い。米株式先物の反発や日経平均株価の下げ幅縮小を背景とした円売りはいったん収束し、ドルは失速した。一方、安全通貨売りでドルは主要通貨に対して下げたが、売りは一服し
アーレスティ---急落、今期営業黒字転換見通しもポジティブ反応乏しい
5/19 14:00 FISCO
*14:00JST アーレスティ---急落、今期営業黒字転換見通しもポジティブ反応乏しい アーレスティ<5852>は急落。前日に22年3月期決算を発表。営業損益は24.2億円の赤字で前年同期比1.3億円の損益改善にとどまり、子会社減損発生などで純損益は51.9億円の赤字となった。純損益の赤字幅は
米国株見通し:上げ渋りか、地合いの悪化で売り再開も
5/19 13:59 FISCO
*13:59JST 米国株見通し:上げ渋りか、地合いの悪化で売り再開も (13時50分現在) S&P500先物      3,933.10(+9.4) ナスダック100先物  11,936.20(+7.9) 米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高、NYダウ先物は50
日経平均VIは上昇、午後はやや上昇幅縮小
5/19 13:51 FISCO
*13:51JST 日経平均VIは上昇、午後はやや上昇幅縮小 日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は13時50分現在、前日比+1.93(上昇率8.35%)の25.03と上昇している。なお、今日ここまでの高値は26.52、安値は2
東京為替:ドル・円は強含み、日本株は下げ幅を縮小
5/19 13:34 FISCO
*13:34JST 東京為替:ドル・円は強含み、日本株は下げ幅を縮小 19日午後の東京市場でドル・円は強含み、一時128円94銭まで値を切り上げた。米株式先物の反発を受け日経平均株価は下げ幅を縮小しており、リスク回避の円買いが後退しつつある。ただ、安全通貨売りでドルへの売りが強まり、対円では上
スーパーバリュー---急伸、ロピアHDの業務提携案提示を引き続き期待視
5/19 13:34 FISCO
*13:34JST スーパーバリュー---急伸、ロピアHDの業務提携案提示を引き続き期待視 スーパーバリュー<3094>は前日ストップ高に続き急伸。神奈川県を地盤に食品スーパーを展開する大株主のロピアHDが、同社に対して業務提携案を提示したことが前日に判明。提携案の内容として、事業や展開地域、商
東京通信---ストップ高、主要株主の株式売却完了を引き続き材料視、値頃感からの買いも
5/19 13:28 FISCO
*13:28JST <7359> 東京通信 746 +100 ストップ高。主要株主のYSホールディングス(東京都渋谷区)による株式売却が完了したと17日に発表し、引き続き買い材料視されている。売却は東京通信株の流動性の向上が目的だった。株式需給が改善するとの期待が広がっていることに加え、東
おすすめコンテンツ