マーケット
1/17 15:15
24,041.26
+108.13
29,348.10
+50.46
注目のマーケット速報
【注目銘柄ダイジェスト】ヤマトHDが大幅反発、東エレクは小反落
1/17 17:02 FISCO
*17:02JST 【注目銘柄ダイジェスト】ヤマトHDが大幅反発、東エレクは小反落 <8035> 東エレク 25025 -25 小反落。前日に台湾TSMCが10-12月期の決算を発表、純利益はもっとも強気のアナリスト予想を上回ったほか、1-3月期の売上高見通しもレンジ下限水準が市場予想を上回るものとなった。また、20年通年の設備投資計画も強気で、前日の米国市場では半導体関連株が堅調な動きに。東京市場でも半導体関連が買い先行の展開になったが、再び上場来高値を新高値を突破したことから、次第に利食い売りが増える展開に。 <3176> 三洋貿易 2762 +232 急反発。前日に株式分割の実施を発表しており、買い材料視される展開になっている。1月末を基準日として1対2の株式分割を実施、株式の流
三洋貿易、1対2の株式分割実施を発表
1/17 12:16 FISCO
*12:16JST 三洋貿易、1対2の株式分割実施を発表 三洋貿易<3176> 前日に株式分割の実施を発表している。1月末を基準日として1株につき2株の割合での株式分割を実施、株式の流動性向上による投資家層の拡大を図ることを目的としている。
AGC、20年12月期は10%程度の増益見込み
1/17 11:39 FISCO
*11:39JST AGC、20年12月期は10%程度の増益見込み AGC<5201> 2020年12月期の営業利益が約1200億円と前期推定に比べて1割強増える見込みだということが日経新聞によって報じられている。半導体チップの回路を微細化するための「EUV(極端紫外線)マスクブランクス」など
ナガオカ、1対2の株式分割を発表
1/17 11:30 FISCO
*11:30JST ナガオカ、1対2の株式分割を発表 ナガオカ<6239> 31日を基準日に1株につき2株の割合で分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることが目的。株式分割に伴い、定款を一部変更し、発効可能株式総数を700.4万株から14
エーアイ、貸借銘柄に選定
1/17 8:58 FISCO
*08:58JST エーアイ、貸借銘柄に選定 エーアイ<4388> 従来より東証マザーズの制度信用銘柄に選定されているが、新たに貸借銘柄に選定されたと発表している。選定日は本日17日で、本日売買分から実施される。同社は「株式の流動性及び需給関係の向上を促進し、売買の活性化と公正な価格形成に資す
星和電機、陽の丸坊主、短期GC示現
1/17 8:50 FISCO
*08:50JST 星和電機、陽の丸坊主、短期GC示現 星和電機<6748>  昨日は寄り付き安値から高値引けとなってローソク足は「陽の丸坊主」を形成。終値ではともに上向きの5日線と25日線が短期ゴールデンクロス(GC)を形成し、トレンドの上昇転換を示唆している。
イムラ封筒、配当予想を増額修正
1/17 8:50 FISCO
*08:50JST イムラ封筒、配当予想を増額修正 イムラ封筒<3955>  16日大引け後に配当予想の修正を発表。株主への利益還元を経営の重要課題の一つとして位置付け、業績に連動した配当を行うことを基本方針とするとしつつ、期末配当金を従来予想の12円から15円(前期実績は記念配当を含む14円
おすすめコンテンツ
マーケット速報一覧
国内株式市場見通し:日経平均は24000円の大台固めへ
1/18 14:29 FISCO
*14:29JST 国内株式市場見通し:日経平均は24000円の大台固めへ ■日経平均は昨年来高値更新 前週の日経平均は上昇した。今年に入り2週連続高となった。週明け13日のNY市場は、米中貿易摩擦の緩和期待から反発のスタートを切った。米政府が半期為替報告で、中国を対象とした「為替操作国」認定
米国株式市場見通し:10-12月期決算が本格化
1/18 14:28 FISCO
*14:28JST 米国株式市場見通し:10-12月期決算が本格化 20日(月)はキング牧師誕生日の祝日となる為、NY株式市場は休場となる。米中両国が貿易交渉での第一段階目の合意署名を終え、当面の不透明要因は後退した。連休明けも本格化する10-12月期決算発表に注目が集まるだろう。昨年、主要企業
為替週間見通し:ドル・円は伸び悩みか、110円台で顧客筋などのドル売り増加も
1/18 14:27 FISCO
*14:27JST 為替週間見通し:ドル・円は伸び悩みか、110円台で顧客筋などのドル売り増加も 【先週の概況】 ■ドル強含み、米中関係改善への期待でリスク選好の円売り継続 先週のドル・円は強含み。昨年5月下旬以来となる1ドル=110円台に上昇した。米財務省は1月13日、「中国の為替操作国認定
国内外の注目経済指標:日欧の金融政策は現状維持の公算
1/18 14:27 FISCO
*14:27JST 国内外の注目経済指標:日欧の金融政策は現状維持の公算 1月20日−24日週に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り ■21日(火)決定会合の終了予定時刻は未定 ○(日)日本銀行金融政策決定会合-予想は金融政策の現状維持 日本経済の先行きの不確実性は消えていないこ
ユーロ週間見通し:底堅い値動きか、ユーロ圏経済の急減速懸念は後退
1/18 14:26 FISCO
*14:26JST ユーロ週間見通し:底堅い値動きか、ユーロ圏経済の急減速懸念は後退 ■弱含み、ECB金融政策を巡る思惑でユーロ売り強まる 先週のユーロ・ドルは弱含み。欧州中央銀行(ECB)の金融政策は長期間据え置きとの見方が広がっており、ユーロ売りがやや強まる場面があった。しかしながら、米国
豪ドル週間見通し:底堅い展開か、米中関係の改善期待が下支え要因に
1/18 14:25 FISCO
*14:25JST 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、米中関係の改善期待が下支え要因に ■やや強含み、米中対立の緩和を好感 先週の豪ドル・円はやや強含み。米財務省は中国の為替操作国認定を解除すると発表したことや、米中両国が通商協議における第1段階の合意文書に署名したことが好感され、豪ドル買い・円
英ポンド週間見通し:伸び悩みか、インフレ見通し引き下げの思惑も
1/18 14:24 FISCO
*14:24JST 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、インフレ見通し引き下げの思惑も ■上げ渋り、英国金利の先安観強まる 先週のポンド・円は上げ渋り。欧州連合(EU)離脱後の移行期間内に英国はEUとの間で自由貿易協定を締結可能との見方が浮上し、ポンド・円は一時144円台に上昇した。しかしながら、
薬味多めで:投資家にしっかりと利益還元していく企業に絶対的に必要な要素とは?【FISCOソーシャルレポーター】
1/18 11:30 FISCO
*11:30JST 薬味多めで:投資家にしっかりと利益還元していく企業に絶対的に必要な要素とは?【FISCOソーシャルレポーター】 以下は、フィスコソーシャルレポーターの薬味多めで氏(ブログ「個人投資家最前線」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、
NY金:反発、米中関係の中長期的な見通しは不透明
1/18 10:22 FISCO
*10:22JST NY金:反発、米中関係の中長期的な見通しは不透明 COMEX金2月限終値:1560.30 ↑9.80 17日のNY金先物2月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は、前日比+9.80ドルの1オンス=1560.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を
NY原油:小幅反発、米石油掘削リグ稼働数の増加で上値重い
1/18 10:21 FISCO
*10:21JST NY原油:小幅反発、米石油掘削リグ稼働数の増加で上値重い NYMEX原油2月限終値:58.54 ↑0.02 17日のNY原油先物2月限は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比+0.02ドルの1バレル=58.54ドルで通常取引を終えた