マーケット
12/1 15:15
28,226.08
+257.09
34,589.77
+737.24
暗号資産
FISCO BTC Index
12/2 5:47:57
2,302,952

機関投資家の「買い」も期待できる、業績進捗高く、株価の上値追いが期待できる銘柄を見つけるためのスクリーニング(個人投資家虎雄さん)

11月も中旬を迎え3月期決算企業の9月中間決算発表が進みました。今回はこの9月中間決算にて高い業績進捗が確認でき、株価が上昇傾向にあり、また機関投資家の「買い」が期待できる銘柄発掘するためのスクリーニングを個人投資家虎雄さんに伺いましたので、こちらをご紹介します。

フィスコのスクリーニング機能の具体的な条件設定は以下の通りです。
1、高い業績進捗率の銘柄を選ぶため第2四半期累計の営業利益が通期予想の60%以上になっていることを条件とします。

2、決算期は3月を選択

3、株価が上昇傾向にある銘柄を選ぶため、一目均衡表の雲上抜けを条件に追加します。

4、誰もが知っているような大企業については、業績の高進捗による、業績上振れ期待は既に株価に織り込まれている可能性があります。一方、規模が小さすぎる銘柄は、業績上振れが見込まれても、機関投資家などの「買い」が期待しづらいです。そこで、大きすぎず、小さすぎずの銘柄を選ぶため、時価総額を300億円~3,000億円とします。

5、最後の条件として、やはり機関投資家が銘柄を選ぶときには、中長期的に業績拡大が期待できる銘柄でないと、なかなか対象になりにくいことから、過去5年の営業利益利益平均成長率を10%以上とします。

このスクリーニング結果を見るのはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://web.fisco.jp/platform/screening?recommend=recommend-torao