マーケット
3/5 15:15
40,097.63
-11.60
38,989.83
-97.55
暗号資産
FISCO BTC Index
3/5 22:27:29
10,178,115
フィスコポイント
保有フィスコポイント数
  
今月フィスコポイント数
  

米長期金利低下で株価上昇が期待される成長株を選ぶためのスクリーニング(フィスコアナリストX)

米10年国債は10月後半には一時16年ぶりに5%の大台を超えていましたが、足元では4.6%程度まで下がりました。政策金利の引き上げも最終局面にあると思われます。これまで米長期金利の上昇が世界的にバリュエーションの高い成長株には逆風となっていましたが、金利が低下傾向に転じると、株価には追い風がはたらくことになります。今回は米長期金利低下で株価上昇が期待される成長株を選ぶためのスクリーニングをご紹介いたします。

フィスコのスクリーニング機能の具体的な条件設定は以下の通りです。
1、成長株を選択するために、過去5年(今期予想を含む)の売上高平均成長率を20%以上とします。

2、続いて営業利益についても過去5年(今期予想を含む)の平均成長率を20%以上とします。

3、成長株を選ぶに当たってもバリュエーションが高すぎる銘柄はリスクが高いので、予想PER30倍以下を条件に加えます。

このスクリーニング結果を見るのはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://web.fisco.jp/platform/screening?recommend=recommend-analyst-x-13