マーケット
2/22 15:15
39,098.68
+836.52
39,131.53
+62.42
暗号資産
FISCO BTC Index
2/24 18:35:28
7,686,019
フィスコポイント
保有フィスコポイント数
  
今月フィスコポイント数
  

IPO後にミスバリューエーション(割安)となっている銘柄を探すためのスクリーニング(フィスコアナリストU)

IPO市場では6月には18社の新規上場があり、また7月も12社の新規上場が計画されるなど、上場企業はハイペースで誕生しています。そしてこのIPO直後というのは、株価は需給の影響を受けやすく、株価は妥当な水準よりも極端に割高になったり、割安になるケースがあります。今回は過去1年のIPO銘柄を対象に、成長性に照らし合わせる、株価の割安感が強いと思われる銘柄を発掘するためのスクリーニング手法をご紹介いたします。

フィスコのスクリーニング機能の具体的な条件設定は以下の通りです。
1、過去1年のIPO銘柄を対象とするため上場年月を2022年07月から2023年06月に設定します。

2、高成長が続いている銘柄を選ぶため、過去3年の売上高平均成長率について20%以上とします。

3、成長性に照らし合わせ、割安感のある銘柄を選ぶため予想PERは0~20倍に設定します。

このスクリーニング結果を見るのはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://web.fisco.jp/platform/screening?recommend=recommend-analyst-u