マーケット
2/2 15:15
27,402.05
+55.17
34,092.96
+6.92
暗号資産
FISCO BTC Index
2/2 17:26:37
3,071,138

業績好調も、株価は調整が進み割安感が増している銘柄を発掘するためのスクリーニング(フィスコアナリストD)

2023年は世界的な金融引き締め策により、世界景気は減速また後退するとの見方が強まっています。この景気懸念により、足元業績は過去最高を更新し好調に推移しているものの、株価は下落し、バリュエーションも安くなり、中長期的には投資妙味が増している銘柄が散見されます。今回はこのような銘柄を発掘するためのスクリーニング手法をご紹介いたします。

フィスコのスクリーニング機能の具体的な条件設定は以下の通りです。
1、今期予想売上高について過去最高を条件とします。

2、同じように、今期予想営業利益も過去最高を条件とします。

3、中長期的に業績の拡大傾向が続いている銘柄を選ぶため、過去5年の営業利益平均成長率を20%以上とします。

4、株価については直近高値から調整が進んでいる銘柄を選ぶため、過去120日内高値と足元株価の乖離率が30%以上あることを条件とします。

5、バリュエーションの観点からも割安な銘柄を選ぶため、予想PER15倍以下を条件とします。

このスクリーニング結果を見るのはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://web.fisco.jp/platform/screening?recommend=recommend-analyst-d-3