マーケット
3/20 15:15
26,945.67
-388.12
32,244.58
+382.60
暗号資産
FISCO BTC Index
3/21 16:39:39
3,648,732

東証PBR1倍割れの継続を問題視、該当企業は株価上昇のきっかけとなる可能性も(フィスコアナリストAAA)

東証は2023年春にもプライム・スタンダード市場を対象として、株価純資産倍率(PBR)が継続して1倍を割っている企業に改善に向けた取り組みや進捗状況の開示を要請する方針を示しました。PBR1倍割れが続いている企業については、株価を上げる施策が求められることになり、投資家にとってはチャンスとなる可能性があります。PBRが1倍を大きく下回り、社会的注目度の高い大企業ほど、PBR1倍以上の株価実現に向け様々な施策が打たれると思われます。

フィスコのスクリーニング機能の具体的な条件設定は以下の通りです。
1、PBRが1倍を大きく下回っているような企業では、1倍超えに向けて大胆な施策が打たれる可能性があり、ここではPBR0.5倍以下の銘柄が選ばれるように条件設定します。

2、市場はプライムおよびスタンダードを選びます。

3、時価総額は5,000億円以上とします。

このスクリーニング結果を見るのはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://web.fisco.jp/platform/screening?recommend=recommend-analyst-aaa-3