大王製紙、フルキャスト、住友鉱など

2015/7/14 16:47 FISCO

<6146> ディスコ 9960 +450大幅反発。4-6月期営業利益は前年同期比6割増の90億円前後になったとの観測報道が伝わっている。市場コンセンサス110億円は下振れる形だが、足元の株価下落でコンセンサスは切り下がっていたと見られ、コンセンサス比での下振れ決算もアク抜け材料と捉えられているようだ。足元の受注の落ち込みで業績下方修正の懸念もあったと見られ、上半期計画据置の公算とされていることもポジティブに。

<7591> エクセル 1727 +300上昇率トップ。村上世彰氏が5.15%の株式を保有と前日に伝わっている。経営陣への助言、重要提案を保有目的としているもよう。前日には、村上氏やC&Iが大量保有する黒田電気が大幅な増配を発表して株価は急伸しており、同社にも株主還元策拡充などへの期待感の高まりが連想されているようだ。

<1822> 大豊建設 515 -61下落率トップ。前日に公募増資の実施を発表、株式価値の希薄化を嫌気する動きになっている。公募増資1000万株、オーバーアロットメントによる売出150万株を実施、最大で発行済み株式数の15%に当たる水準となっている。収容施設の建設、大型工事の運転資金に充当などとしている。足元で株価の軟調な動きが続いていた中、需給懸念なども強まる格好に。

<3113> Oakキャピ 309 +22大幅続伸。前場に第1四半期の業績見通しを発表している。営業収益は21億円(前年同期7.9億円)、営業利益9億円(同0.7億円)になる見通しとしている。投資回収によるキャピタルゲイン収入が大幅に増加したようだ。会社側では業績計画を示していないが、第1四半期の業績急拡大を受けて、市場予想を上回る大幅成長が今期も継続といった期待感につながっているようだ。

<3880> 大王製紙 1238 +91続伸。第1四半期経常利益は前年同期比26%増の40億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。国内外で子供向けの紙おむつ販売が増加したほか、段ボール原紙の販売なども好調であったようだ。上半期予想は80億円で同25%の減益予想であるため、想定以上の進捗になっているとの見方が優勢に。

<4848> フルキャスト 932 +62急伸。ROEに関する特集記事が一部で掲載されており、好材料視されているもようだ。同社では、自社の資本コストを13%とはじき、ROE20%を目標に置くとしている。総還元性向は50%にして資本の増加を抑え、銀行借入で資金調達しながら業績を拡大させて時価総額を増やし、株価の値動きを安定させる方針のようだ。今後の株主還元策の拡充などを期待する動きが優勢に。

<5713> 住友鉱 1785 +60反発。本日は非鉄金属セクターが業種別上昇率の上位となっている。ニッケルや亜鉛など非鉄市況の上昇が見直し材料につながっているようだ。ギリシャ懸念の後退によるリスクオンへの流れから商品市場にも資金が流入しているようだ。また、中国市場の落ち着きなども非鉄株には安心感につながる。なお、本日は売り込まれた銘柄のリバウンドに比較的関心が傾いている印象もある。

<5802> 住友電工 1945 +63大幅続伸。クレディ・スイス(CS)ではプレビューレポートをリリースしている。第1四半期営業利益は310億円で前年同期比42%増、13年10-12月期以来6四半期ぶりの高い増益率を予想としている。最大では350億円程度まで達する可能性もありうるとして、大きなポジティブサプライズとなる可能性とも。ノンコア事業である情報通信部門とエレクトロニクス部門が計画以上に好調のようだ。

<1802> 大林組 444 -5さえない。UBSでは、目標株価を900円から1000円に引き上げているものの、投資判断は「バイ」から「ニュートラル」に格下げしている。株価の上昇で今後の利益率の改善は織り込まれつつあると判断しているもよう。また、利益率の改善ペースは他社と比べてやや遅い印象ともしているようだ。なお、同様にUBSが投資判断を格下げしている清水建設も軟調な動きになっている。
《XH》

関連銘柄 9件

  • 1802
    東証1部
    大林組
    942
    8/26 13:34
    -6 (-0.63%)
    時価総額  679,662百万円
    大手ゼネコンの一角。中長期環境ビジョンとして建設工事によるエネルギー消費をゼロにする取組みを推進。労務費の上昇などから土木関連の利益率が低下傾向にある。17.3期は増収、純利益は増益を見込んでいる。 記:2016/07/20
  • 1822
    東証1部
    大豊建設
    527
    8/26 13:25
    +5 (0.96%)
    時価総額  45,939百万円
    泥土加圧シールド工法に施工に実績。リニア関連との見方も。17.3期は国内土木部門を収益の柱と位置付け、国土強靭化事業への取組みを実施する見通し。引続き採算性を重視した選別受注に取り組んだ結果、利益率向上。 記:2016/08/12
  • 3113
    東証2部
    Oakキャピタル
    151
    8/26 13:31
    +2 (1.34%)
    時価総額  8,105百万円
    投資銀行業務が中心。時価総額100億円以下の小型株に対し成長支援投資を行う。JVによる新規事業育成なども。米国でリゾート投資事業も展開へ。AI・フィンテックなど重点分野。17.3期1Qは為替差損計上。 記:2016/08/19
  • 3880
    東証1部
    大王製紙
    1,082
    8/26 13:31
    -6 (-0.55%)
    時価総額  161,596百万円
    2万種以上の紙をパルプから一貫生産。トイレットティシュ首位。エリエールやアテントなど家庭用品も柱。海外市場では、昨年12月にインドネシアでベビー用紙おむつの生産を開始。17.3期1Q営業利益は小幅増益。 記:2016/08/12
  • 835
    8/26 13:33
    +1 (0.12%)
    時価総額  32,136百万円
    短期人材紹介や給与計算代行、長期人材派遣などの人材サービス会社。短期業務支援事業では、主力サービスである「紹介」及び「代行」の取引顧客数の拡大に注力したことで両サービスが伸張。16.12期上期は増収増益。 記:2016/08/12
  • 5713
    東証1部
    住友金属鉱山
    1,290.5
    8/26 13:34
    +19.5 (1.53%)
    時価総額  750,591百万円
    資源採掘・非鉄金属製錬・先端材料の開発。金価格や銅価格、ニッケル価格など非鉄金属価格(市況)の影響を受ける。鉱山の減損や、銅価格等の下落傾向で16.3期は減収減益、17円減配。今期も資源価格の低迷が重し。 記:2016/06/13
  • 5802
    東証1部
    住友電気工業
    1,424.5
    8/26 13:34
    -4 (-0.28%)
    時価総額  1,130,969百万円
    自動車、情報通信、エレクトロニクス、電線・エネルギー、産業素材分野など幅広く展開、ワイヤハーネスなど強み。18.3期営業益2000億円目標。円高や通信関連の下振れで、17.3期1Qは計画超過も減益に。 記:2016/08/17
  • 6146
    東証1部
    ディスコ
    11,250
    8/26 13:33
    +30 (0.27%)
    時価総額  402,199百万円
    半導体や電子部品メーカー向け精密加工装置を製造。スマホやLED関連の設備投資が活発化、国内や北米が底堅く推移。半導体製造以外の切断装置の需要も拡大し、16.3期は最高益更新。今期は円高が響き減収の見通し。 記:2016/06/13
  • 7591
    東証1部
    エクセル
    1,180
    8/26 12:30
    ±0 (0%)
    時価総額  10,723百万円
    液晶や半導体・集積回路を中心とした電子デバイスを取り扱う商社。アジア地域にサプライチェーン構築。中小型液晶の販売減少で液晶デバイスは売上半減。海外向けドライバーICも低調。17.3期1Qは大幅な減収減益。 記:2016/08/16