ディップ、黒田電気、久光製薬など

2015/7/13 16:41 FISCO

<6502> 東芝 372.5 -4.7売り優勢。証券取引等監視委員会では、第三者委員会の報告書を待って、不適切会計の本格的な調査に入ると報じられている。第三者委員会ではトップが関与していたと判断ともされている。東証では今後、「特設注意市場銘柄」に指定の見通しとも。事態の長期化を嫌気するほか、問題のさらなる深刻化に対する警戒感なども強まる状況となっているようだ。一部での楽観的な見方などもやや後退する方向に。

<8020> 兼松 220 +17買い優勢。大和では投資判断を新規に「2」、目標株価は280円と設定している。今後の業績は堅実な拡大傾向が予想されるとしているほか、PBR水準には割安感が強いと見ているもよう。堅実な利益成長と資本政策の自由度の高さを考えれば、中期にわたってROE10%以上を維持する可能性が高いとしているほか、事業絞込みと得意分野に特化した経営戦略も高く評価できると判断。

<3826> SI 713 +100ストップ高。先週末に第1四半期の決算を発表、営業損益は1.5億円の黒字となり、前年同期比では4.9億円の改善となっている。つれて、上期営業利益は1.3億円から2億円に上方修正している。前年度赤字決算からの収益回復傾向が確認できたことで、買い安心感が強まる状況となっている。なお、前期の収益悪化は大規模不採算案件の発生が背景となっている。

<2379> ディップ 13440 +1270大幅上昇。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は18億円で前年同期比倍増、上半期予想は19.1億円から24.2億円に上方修正している。修正値に対しても高い進捗率となっており、さらなる上振れ期待が高まる状況のようだ。同社は前期も4度の業績上方修正を行っている。また、1:5の株式分割実施も発表、最低売買単位の低下によって、流動性の向上なども期待されているようだ。

<7517> 黒田電気 2446 +204大幅反発。株主還元方針の策定、並びに、今期配当予想の上方修正を発表している。配当性向を40-65%の水準に設定する方針とし、今期年間配当金は従来の36円から94円にまで大幅に増配の計画。先週末の終値をベースとすると、配当利回りは4.2%程度の高水準になる。なお、投資ファンドのC&Iが請求していた村上氏ら4人の社外取締役選任提案には反対すると決議しているもよう。

<6432> 竹内製作 7620 +620大幅続伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は45.5億円で前年同期比51.6%増益となった。上半期計画78億円に対する進捗率は58%に達している。他の建設機械大手が中国向けなどを中心に苦戦する中、相対的な好業績を評価する動きが強まってもいるようだ。また、1:3の株式分割実施も発表、分割前をベースにすると年間配当金は36円から42円に実質6円の増配ともなる。

<4530> 久光製薬 4500 -250下げ目立つ。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は57.4億円で前年同期比25.0%増益、上半期計画127億円、同22.6%増益に対して順調な進捗となっている。ただ、第1四半期の市場予想は65億円前後であったとみられ、期待値には達していない状況のようだ。主力品である消炎鎮痛剤モーラステープの売上が伸び悩む格好に。

<8515> アイフル 379 +12買い先行。先週末、金融支援の対象債権に関わる債務の完済を発表している。借換え手続きであり、短期的な業績への影響は軽微とみられるが、資金調達環境の改善の表れなどとして、ポジティブな見方も強まっているようだ。みずほ証券では、調達環境の改善を通じて、長期的な無担保ローン貸付残高の拡大や調達コスト低減の可能性が高まってきたと指摘している。

<3048> ビックカメラ 1370 -49さえない。先週末に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は138.7億円で前年同期比19.3%減益、3-5月期では同45.8%の大幅減益となっている。インバウンド需要による業績上振れ期待もあったとみられるなか、失望感が先行する格好とみられる。また、天候不順によるエアコンの不振などで、6月の月次売上高が鈍化していることなども弱材料視へ。

<4523> エーザイ 8130 -193朝方からさえない動きが目立つ。先週末の米国市場ではバイオジェンの下げが目立った。同社と共同開発・共同販促で提携しているアルツハイマー新薬「BIIB037」の治験データが22日にも報告されるもようだが、一部で警戒感が指摘されたもよう。同社株にとっても目先の注目材料とされていただけに、警戒感が波及する格好のようだ。
《XH》

関連銘柄 10件

  • 2379
    東証1部
    ディップ
    2,735
    6/30 15:00
    +4 (0.15%)
    時価総額  169,570百万円
    バイト・派遣求人情報サイト「バイトル」や「はたらこねっと」好調、求人需要の高まり継続。AKB48広告起用等で認知度向上、看護師の人材紹介も登録拡大し16.2期大幅増収増益。17.2期も増収増益予想。 記:2016/06/07
  • 3048
    東証1部
    ビックカメラ
    940
    6/30 15:00
    -14 (-1.47%)
    時価総額  171,530百万円
    家電量販店大手で大都市圏に展開。中国・春秋グループと提携。インバウンド事業拡大に向けた取り組みを強化。16.8期2Qは2桁増益。デジタル商品は低調だが、粗利率の改善や販管費コントロールが利益面に寄与。 記:2016/06/07
  • 635
    6/30 15:00
    ±0 (0%)
    時価総額  3,517百万円
    独立系のソフトウェア開発会社。システム開発支援やECサイト構築、ERPなどパッケージソフトが主力。CADやPM、O2Oやオムニチャネルで新製品。16.2期は不採算案件剥落で黒字転換。17.2期は積極投資。 記:2016/06/25
  • 4523
    東証1部
    エーザイ
    5,688
    6/30 15:00
    -246 (-4.15%)
    時価総額  1,686,873百万円
    医薬品大手。抗がん剤「ハラヴェン」など新製品の拡大続く。M&Aにより中国で後発薬参入。消化器事業は今年4月に味の素製薬と統合。今後は癌、認知症、神経変性疾患に注力。21.3期に売上8000億円以上目指す。 記:2016/06/07
  • 4530
    東証1部
    久光製薬
    5,880
    6/30 15:00
    -50 (-0.84%)
    時価総額  559,570百万円
    貼付タイプの鎮痛消炎剤の最大手。主力は医療用医薬品で外用鎮痛消炎剤「モーラステープ」、一般用医薬品で「サロンパス」。米国の自社販売を強化。17.2期は国内で薬価改定の影響を受け減収、増益は確保の見通し。 記:2016/06/17
  • 6432
    東証1部
    竹内製作所
    1,309
    6/30 15:00
    -20 (-1.5%)
    時価総額  64,140百万円
    小型ショベルを海外で手掛ける。米国や欧州で販売促進を強化。欧州向け建設機械の販売台数は横ばいを見込むが、米国販売の伸長が業績を牽引へ。為替相場の影響が懸念材料。17.2期は減収減益も、増配の見通し。 記:2016/06/20
  • 6502
    東証1部
    東芝
    276.4
    6/30 15:00
    -0.8 (-0.29%)
    時価総額  1,171,273百万円
    総合電機大手の一角。新価値創造の事業領域としてエネルギー、ストレージに加えてヘルスケアを3つ目の柱として強化。特設注意市場銘柄に指定。新生東芝アクションプランを掲げ開発機種削減や辞任合理化などを推進。 記:2016/03/09
  • 7517
    東証1部
    黒田電気
    1,750
    6/30 15:00
    +28 (1.63%)
    時価総額  69,030百万円
    電気材料、電子部品、半導体、機械装置を扱う独立系商社、一貫した顧客密着型ビジネスを展開。18.3期営業益130億目標。C&IHDの社外取締役選任案否決。日本セグメントがけん引、16.3期2Qは増収増益。 記:2015/12/11
  • 8020
    東証1部
    兼松
    161
    6/30 15:00
    -2 (-1.23%)
    時価総額  68,023百万円
    総合商社で日豪貿易の先駆け的存在。電子・デバイス、食料、鉄鋼・素材・プラント、車両・航空分野が中核。16.3期3QはICTソリューション好調も、食料における輸入価格上昇、原油安による鉄鋼事業の苦戦響く。 記:2016/02/22
  • 8515
    東証1部
    アイフル
    300
    6/30 15:00
    +5 (1.69%)
    時価総額  145,104百万円
    独立系の消費者金融大手。積極的な広告活動で新規成約件数が好調に推移。営業貸付金残高も着実な回復が続く。調達金利低下もプラス。リスクの利息返還請求は徐々に収束。17.3期は増収・営業増益を計画。無配は継続。 記:2016/06/07