あさひ、コーセー、セブン銀行など

2015/7/7 16:35 FISCO

<5851> リョービ 490 +28買い気配スタート。野村では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を610円としている。主力製品であるアルミダイカスト製品は、自動車の軽量化に貢献する部品として欧米メーカーから受注を獲得、今期以降も高い売上高成長が見込まれるとしている。増収を背景に営業利益は今・来期と2割増益を予想、一方でPER水準には割安感が強く、利益成長は株価に織り込まれてないと判断しているようだ。

<2687> CVSベイ 161 +41急伸。前日に第1四半期の決算を発表、大幅増益決算となったことを評価材料視している。経常利益は0.8億円で前年同期比3倍の水準に。通期計画は2億円で前期比28%減益予想であり、上振れ期待が高まる状況にもなっているようだ。収益性を重視した運営体制への移行に伴い、主力のコンビニエンスストア事業の収益力が向上した。

<8410> セブン銀行 595 +31買い優勢。子会社が米国内のセブンイレブン店舗におけるATM設置契約を締結したと発表している。17年7月以降、原則として排他的にATMを設置運営することができるようになる。米セブンイレブンは2月末現在、8297店を運営している。もともと期待感は高かったものの、契約締結を受けて、あらためて今後の業容拡大を織り込みに行く動きへ。

<7261> マツダ 2443 +36大幅反発。JPモルガン(JPM)では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も2500円から3100円に引き上げている。北米に続き欧州市場の回復が見込まれるタイミングで新モデル投入も重なり、販売モメンタムの改善が予想されるとしている。中期的には、収益性が高いクロスオーバー比率の向上で、商品ポートフォリオの改善も期待できると指摘。株価には出遅れ感があり、上値余地は大きいと判断しているようだ。

<4275> カーリット 571 -48急落で下落率トップ。前日に公募増資の実施を発表、株式価値の希薄化を嫌気する動きとなっている。公募300万株、オーバーアロットメントによる売出45万株を計画、最大で発行済み株式数の16.7%に当たる新株発行となる。電池試験所設備、過塩素酸アンモニウム製造設備の増設などに充当するもよう。また、流動性が低いことで、需給面への懸念も強まる形に。

<3333> あさひ 1421 +129大幅反発。前日に発表した月次動向が買い材料視されているとみられる。6月の既存店売上高は前年同月比16.4%増、前月の同14.7%増から一段と増収率が高まる格好になっている。3月は消費増税前の駆け込み需要の反動で同15.5%減と落ち込んでいたが、その後は順調に回復に向かっている。第1四半期は減益決算となっていたが、第2四半期以降の回復確度が高まる状況へ。

<4922> コーセー 11100 +820大幅反発、モルガン・スタンレー(MS)では投資判断「オーバーウェイト」を継続、目標株価を8400円から13000円にまで引き上げている。化粧品各社におけるインバウンド売上の規模は、絶対額は概ね同規模であるものの、国内業績が連結業績に占める割合やインバウンドが国内業績に占める比率の違いから、同社は最もインバウンド需要拡大の恩恵を受けると指摘している。

<3865> 北越紀州 697 +32買い優勢。第1四半期経常利益は前年同期比2倍の18億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。洋紙事業での値上げ効果により採算が改善したもよう。進捗はほぼ想定どおりとされているものの、通期経常利益は横ばいの見通しであるほか、第1四半期の市場予想は10億円強の水準にとどまっていたことから、市場の期待は上回る状況と捉えられているようだ。

<6740> JDI 427 -17さえない。SMBC日興証券やバークレイズでは業績予想を下方修正、ネガティブな見方につながっているようだ。SMBC日興証券では今期営業利益予想を400億円から350億円に、バークレイズでは370億円から330億円にそれぞれ下方修正。SMBC日興証券では、第1四半期営業損益を収支均衡と予想、市場予想20億円超の黒字を下回ると見ている。プロダクトミックスの悪化が響くと考えているようだ。

<3608> TSIHD 851 +11しっかり。BNPパリバでは投資判断を新規に「バイ」、目標株価を1300円としている。2011 年にアパレル企業2 社が経営統合して誕生後、3年間は営業損失が続いていたが、不採算ブランドと売り場の閉鎖に注力して損益分岐点を引き下げ、前2月期は営業損益が黒字に浮上している。売上構成の主軸が好調なブランドにシフトする傾向は当面継続、18.2期営業利益は60億円に達すると予想しているようだ。
《XH》

関連銘柄 10件

  • 88
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  4,456百万円
    東京や千葉の湾岸地域でコンビニ「ローソン」を展開。クリーニング取次や宝くじ販売など差別化。マンションフロントサービスやビジネスホテルも展開。16.2期3Qで進捗率100%突破。採用費増大がリスク要因。 記:2016/01/18
  • 3333
    東証1部
    あさひ
    1,742
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  45,712百万円
    「あさひ」を全国に展開。電動アシスト自転車などの販売が堅調。街乗り用カジュアルスポーツ車をイメージしたPB商品も。16.2期3Qは増収減益。オリジナルな一台を作れるPB商品の導入。24店増え417店舗。 記:2016/02/18
  • 632
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  73,175百万円
    東京スタイル、サンエー・インターナショナルなどを傘下に持つアパレルグループの持株会社。海外含めたM&A等を積極化、EC事業も強化。16.2期3Qは不採算ブランド及び店舗撤退ものれん償却もあり、減収減益。 記:2016/02/18
  • 3865
    東証1部
    北越紀州製紙
    763
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  159,668百万円
    北越製紙と紀州製紙が経営統合。洋紙、白板紙などの紙パルプ事業が主力。パッケージ・紙加工事業も手掛ける。洋紙の国内販売数量は減少。洋紙の価格修正効果や輸出販売数量の増加及び各種コストダウンを進める。 記:2015/12/21
  • 484
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  11,640百万円
    大正7年創業の老舗企業。爆薬、信号用火工品から機能性材料まで幅広い分野を手掛ける。三協実業の子会社化で合成樹脂製品もカバーへ。化学品とボトリングでの採算改善が寄与し、16.3期3Qは大幅な営業増益に。 記:2016/02/15
  • 4922
    東証1部
    コーセー
    9,780
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  592,600百万円
    化粧品大手。子会社に高級化粧品アルビオン。改革効果で国内の増勢続く。インバウンド増加も追い風。14年した買収の米タルト社も順調。16.3期計画を2度に亘り増額。ブラジルに子会社設立し、ヘアケア商品で参入。 記:2016/01/28
  • 5851
    東証1部
    リョービ
    456
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  78,081百万円
    自動車向けダイカストの世界トップメーカー。ダイカスト事業は国内の受注が堅調で回復傾向。海外は、米国、英国、中国、タイの拠点でいずれも好調で増収増益。円安も追い風。減価償却費の増加を増収でこなし2桁増益。 記:2016/03/17
  • 206
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  123,891百万円
    中小型ディスプレイなどを手掛ける。スマホ向けなど中小型ディスプレイに注力。中国向けではFull-HD以上の精細度の高いスマートフォン用ディスプレイの出荷数量が増加。16.3期上期は営業黒字で着地。 記:2015/12/11
  • 7261
    東証1部
    マツダ
    1,860.5
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  1,116,067百万円
    国内乗用自動車メーカー。「SKYACTIV技術」を梃子にした構造改革を推進。トヨタと業務提携に向け基本合意。16.3期3Qは新型CX-3、新型ロードスターが貢献。コスト改善と原材料価格の低下で増益。 記:2016/03/09
  • 8410
    東証1部
    セブン銀行
    408
    5/31 0:00
    ±0 (0%)
    時価総額  485,928百万円
    セブン&アイグループの金融部門。ATM設置台数が着実増で16.3期も増益見込む。ATM対応言語を12言語に増やし、海外送金等の口座関連業務の拡大狙う。15年7月に米国セブンイレブンとATM設置契約を締結。 記:2016/01/28